ジャイロゼッター「スイフト」編


「超速変形ジャイロゼッター」という筐体ゲームのメカデザインを担当しておりました。

なかなか設定資料のムック化に恵まれないシリーズゆえ。スクエニさんの許可をいただいて、のんびり自分のサイトでメカデザイン解説をしております。こんなことしかできませんが、当時応援してくれたファンの皆さんに少しでも恩返しができましたら幸いです。

いずれ再評価の時代が来ると思っています。

 

今回は、ジャイロゼッター「スイフトスポーツ」のお話です。

swift_A

SUZUKI(スズキ株式会社)のスイフトスポーツをモチーフとしたジャイロゼッター。小柄な機体でエコタイプを思わせるサイズなのですが、スポーツカータイプに属します。

3DSソフト「超速変形ジャイロゼッター アルバロスの翼」で初登場。アーケード筐体では新2弾にて参戦となりました。

 

swift_B

見ての通り、小さくてかわいらしい少年型ジャイロゼッターです。ゲーム内では飛び跳ねるような元気なアクションで敵を翻弄、いたずら小僧的な攻撃で中々ユニークな戦闘を披露してくれました。

デザインソースは、カブスカウト。

全体的に丸っこいシルエット。ヒロインメカ・プリウスを参考に、そのかわいらしさを落とし込もうと韻を踏んだデザインにしております。ゆえに矢薙の脳内では「プリウス弟」という開発コードでしたw(メーカー違うけど)。後頭部には笑った表情のようなディテール。個人的に、かかとを半球にしたデザインは新しいかなと。

実はアニメの古典「魔法使いサリーちゃん」の弟キャラ・カブの雰囲気を意識しています。尖った髪型を、スイフトのアンテナで表現しました。これがあると「生意気感」が出るのではと思ってつけてみました。

swift_C

スイフトのフロントデザインをあしらった帽子。小学生ライクな半ズボン。元気の良さを強調したスニーカー。これは、ある嗜好のドライバー様に向けて、狙ってデザインされた産物です。

そのあたりは特にスクエニさんから指示されていたわけではなかったのですが、男の子受けする「強い」「かっこいい」方向性ではないメカデザインなんてなかなかできるものではないと感じ、ひたすら「かわいい」を前面に押し出したデザインを目指しました。そうです・・・

 

ショタコンのお姉さんに

喜んでもらいたい一心で頑張りました。

 

デザイン納品は2012年9月5日。発注は同年7月ごろですが・・・この頃は、3DS版機体の発注が集中し、アーケード版の新規機体と合わせて、とても慌ただしい時期でした。あくまでもモデリングの参考になればいいという事もあって、精緻なクリンナップでなくても許されていたのですが、「仕上げの速さ」を求められていたとはいえ、今見ると相当ザックリした線でお恥ずかしい限りです(^^;

3Dモデリングされたスイフトはこちら

 

 

 

 

スイフトスポーツ発注にあたってのデザインのオーダーは以下の通り。

  • ボーイスカウトの子供イメージ(カブスカウト?)
  • 手持ち武器はパチンコ(自分自身を打ち出すワザあり)
  • 両腰に大きめの二徳ナイフ

なるほど・・・今度は少年型か。いいねいいねと腕まくり。

 

こちらは開発スタッフさんの手によるアイデアスケッチ。これを元にしてデザインしました。この手の画稿は中々ファンの目に触れる機会がないので思い切ってコピペ。

キャプチャ

どういった特徴のデザインが欲しいのか、これでおおよそ把握できます。テキストでは伝わりにくいニュアンスもこういったスケッチ画一つで格段に伝わりやすくなります。デザイナー側としてはとてもありがたい資料です。

swift_C_r

そのお陰で、ごらんのようにスイフトのデザインは上記第1稿目でほとんどまとまりまりました。手足のバランスに若干のサイズ差があるぐらいです。武器のデザインもスケッチそのまま、パチンコと二徳ナイフです。

 

そして。ゲームでかわいく活躍したスイフトくんは、狙ったとおり女性ドライバーに人気のあざといジャイロゼッターになりました。